【鹿革】鹿を無駄にしないプロジェクトMade in KOUMI 長野県小海町のハンターさんetc・・・^^

KOUMI レザー 

昨日は長野県小海町からわざわざ船橋までお越しいただき、ワイワイガヤガヤ楽しんできました( ̄▽ ̄)

時間が過ぎるのがあっという間・・・

■ 長野県小海町‘‘KOUMI Leather’’の鹿革

KOUMI レザー
赤ちゃんが舐めても安全なタンニン鞣し(なめし)の鹿革。

昨年末、長野県小海町在住のハンターさんからこんなご連絡をいただきました。

———————-

私の住む長野県小海町は八ヶ岳の麓にある高原野菜と自然しか無いような田舎の町です。

そんな田舎の町で、仕事のかたわらハンターをしております。

ここ数年、高原野菜、高山植物、山林の日本鹿による食害が深刻な問題になっております。

その為、地元ハンターが、国、市町村から依頼され有害鳥獣駆除をしております。

去年は、小海町だけで約800頭の鹿が駆除されました。

その鹿のほとんどが廃棄処分されその1部がジビエ料理などに使われて終わりでした。

そんな現状で、私共若手ハンターと町役場の若い職員でどうにか駆除された鹿を無駄にせずに何かできないかと話し合い、自分達で獲った鹿をなめし鹿革にし KOUMI Leather というブランドを始めました。

———————-

ニュースなどで、日本鹿(野生鳥獣)による農作物の食害が年々とっても深刻な問題になっている・・・ということは知ってはいたけど、千葉に住んでいる私たちにとっては、なかなかピンと来ず・・・漠然と「そうなんだ・・・」程度で終わっていた・・・と言うのが正直なところでした。。。

頂いたご縁でTakumiでも鹿革を通じて応援できることがあるんじゃないか?

そんな想いから、昨日はまだまだ打ち合わせ段階ですが、

「鹿の大切な命を資源として使ってあげる」という事を目的に、ワクワク楽しい話しが出来ました。

それぞれの得意なことを活かして、進めていけたらと思う^^

ボク達のお仕事は、鹿をハンティングしてくれる人、タンナーさん(皮を革にしてくれる)、、色んな人が関わってくれている。

お金を払う側。お金をもらう側。そういうことだけじゃない。

お店が大きいとか小さいとかそんなもん関係ない。

長野県小海町の若手と言われる人たちは、とっても優しくて、人生楽しんでんなって人たちばかり。

やっぱそんな人たちと一緒に仕事がしたい。

ボクはそう思う。

それにしても、一人ひとり個性があって、話しが面白い( ̄▽ ̄)

「ハンター」「革職人」「木こり」「庭師」「看板屋」「役場の職員」

そりゃーお酒も進んで、見事に二日酔いですよ(笑)

はじめてあったのに、はじめて会った気がしない・・・

これからもよろしくお願いしますね~( ̄▽ ̄)

次は長野県小海町行って来ます!

KOUMI レザー

■ お土産に頂いた鹿の角と頭蓋骨にめっちゃテンション上がる( ̄▽ ̄)

鹿の角&頭蓋骨

鹿の角&頭蓋骨

鹿の角&頭蓋骨

鹿の角&頭蓋骨

鹿の角&頭蓋骨

鹿革 KOUMI×Takumi

やっぱり縁ありき、人ありきですね^^感謝

鹿革を編む オーダーメイド レザーブレスレット専門店
お問い合わせはこちらまでお願いします。
————————
工房
【 Takumi 】 『鹿革を編む&ビーズワークス』 オーダーメイド ブレスレット專門店

〒274-0816 千葉県船橋市芝山1-40-8-802 
村澤 巧 ・ あゆ

■ メールでお問い合せをする

■ 電話でお問い合わせする
お急ぎの方は、些細な事でもお気軽にどうぞ^^ 090-4549-6720 (9:00~21:00)

・「よくある質問」ページで解決することもありますので、こちらもご覧下さい(^O^)